メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東証、一時1000円超安 新型コロナ拡大懸念で
ポットの中は今…

14カ国・地域で聞き取り 日本のヘルパーが取り組む「世界のヘルパーに出会う旅」

エルシーさん(右)から母国メキシコの介護事情も聞き、「次はメキシコ」と意気込む藤原さん=ロサンゼルスで2019年6月、石山絵歩撮影

 世界中を旅しながら、世界の介護現場で働く人から聞き取りを続ける日本人がいる。日本で20年以上にわたり、高齢者や障害者のホームヘルパー(訪問介護員)をする藤原るかさん(63)だ。「世界の介護事情を知る中で、日本のヘルパーの現状を変えていきたい」と話す藤原さんは、これまでに14カ国・地域で聞き取りをした。これまでの聞き取りや日本の課題について聞いた。

 「世界のヘルパーさんに出会う旅」の始まりは、2002年、スペインで開かれた国連の「第2回高齢者問題世界会議」だ。藤原さんは「日本食しか食べられない」「ベッドで眠れない」と海外に出たことがなかったのだが、20年に1度しか開かれない会議への参加を上司に打診され、「世界中のヘルパーさんに会えるはずだ」と仲間と参加した。しかし、会議場に現場で働く人の姿はなかった。政府関係者やNGOメンバーが圧倒的多数を占める中、藤原さんたちは「平均賃金は月7万円程度」と、日本のヘルパー事情を英語で記したチラシを配って歩いた。

 この場では、現場の人の声を聞くことはできなかったが、「人生最初で最後の海外旅行」と考えて旅程に組み込んだイタリア、スウェーデン、デンマークではヘルパーらから直接話を聞くことができた。このことで、他国の事情を知るおもしろさを知った。会議場でチラシを受け取ったオーストラリアの関係者から「来年は必ず私の国に来て」と言われたこともあり、帰国後から1日500円貯金を開始。自費で他国のヘルパー事情を知る旅を…

この記事は有料記事です。

残り1919文字(全文2548文字)

石山絵歩

外信部記者。1984年生まれ、2008年に毎日新聞社入社。岐阜・愛知県警、東京地検担当を経て、東京地・高裁で刑事裁判を担当。事件取材の傍らで、経済連携協定(EPA)によって来日したフィリピン・インドネシアからの看護師、介護士候補生などを取材。18年9月~19年5月、フルブライト奨学金ジャーナリストプログラムでUSCに在籍し、家事労働者について研究。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 臨時休校中の学童保育負担「つまんないこと」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 名古屋・河村市長「柔軟に考えたらどうか」 一転して卒業式「中止」から実施へ

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 東京ディズニーランドとディズニーシー休園へ 29日から3月15日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです