メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン「米圧力政策、失敗の兆候」「阻害要因減った」ボルトン氏解任、変化見極め

解任されたボルトン大統領補佐官=ワシントンで2018年11月、ロイター

 トランプ米大統領によるボルトン補佐官の解任について、イランのアシェナ大統領顧問は10日夜、ツイッターで「イランに最大限の圧力をかけるという米国の政策が失敗している。解任はその決定的な兆候だ」と指摘した。対イラン強硬派の筆頭だったボルトン氏の更迭で、イラン指導部は米国の政策変化の有無を慎重に見極めるとみられる。

 イランのロウハニ大統領は今月下旬に米ニューヨークで開かれる国連総会で、トランプ氏と直接会談する可能…

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文854文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  3. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです