メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシア政府内の米スパイ、17年に緊急出国 活動露呈の危険高まり

 米CNNは9日、米情報機関がロシア政府内で10年以上も情報源としてきた職員が2017年に緊急出国していたと報じた。16年の米大統領選へのロシア介入問題などを巡り、ロシア側にスパイ活動が露呈する危険が高まったためという。

 CNNなどによると、この職員はプーチン露大統領にも接触できる立場で、米情報機関はロシア政府内で最も高いレベルの情報を提供してきたと評価していた。だが、オバマ前米政権が17年1月、選挙介入に関する報告書を公表し、身元が露呈する…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文559文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです