山口・下関市立大 揺れる専攻科新設計画 理事長、市長の要望受け担当教員採用

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
専攻科設置や教員人事を巡って揺れている下関市立大学
専攻科設置や教員人事を巡って揺れている下関市立大学

 山口県下関市の市立大学(川波洋一学長)が、特別支援教育の専攻科を新設する計画を巡って揺れている。計画は、同大設置者である市の前田晋太郎市長の要望を受け、山村重彰理事長ら大学経営側が教授らの審議を経ずに約1カ月で方針を決め、担当教員の採用を内定した。専門家は、学内に新しい組織を作る際は、既にいる教授らの意見を聴きながら進めるべきだと指摘している。【佐藤緑平】

この記事は有料記事です。

残り845文字(全文1025文字)

あわせて読みたい

注目の特集