メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

堺あおり運転殺人 2審も懲役16年、控訴棄却 「はい、終わり」で殺意認定

裁判所=ゲッティ

[PR]

 堺市で昨年7月、乗用車であおり運転をしてオートバイに衝突し、大学4年の高田拓海さん(当時22歳)を殺害したとして、殺人の罪に問われた元警備員、中村精寛(あきひろ)被告(41)の控訴審判決で、大阪高裁(樋口裕晃裁判長)は11日、懲役16年とした1審・大阪地裁堺支部判決を支持し、弁護側の控訴を棄却した。

 殺意の有無が争点。裁判員裁判の1審判決(今年1月)は、高田さんが死亡しても構わないという「未必の故意」があったと認定し、高裁判決もこれを追認した。

あおり運転事故のイメージ

 1審判決は、中村被告がハイビームを照射したり、何度もクラクションを鳴らしたりして、あおり運転をしたと指摘した。ほとんど減速せず衝突した状況や、中村被告の車のドライブレコーダーに記録されていた、衝突後の「はい、終わり」という軽い口調の独り言から、殺意があったと判断。懲役16年(求刑・懲役18年)を言い渡し、弁護側が控訴していた。

 中村被告は「衝突は故意ではない」などと述べ、一貫して殺意を否定。弁護側は、衝突はブレーキ操作を誤ったことなどが原因で、自動車運転処罰法違反(過失致死)罪にとどまると主張していた。

 判決によると、中村被告は昨年7月2日夜、堺市南区で乗用車を運転中、高田さんのバイクに追い抜かれたことに立腹。追跡して時速96~97キロで衝突し、高田さんを殺害した。【村松洋、戸上文恵】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです