メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インコに避妊具かぶせ虐待 初公判で男、起訴内容認める 名古屋簡裁

名古屋簡易裁判所=名古屋市中区で2019年9月11日午前、川瀬慎一朗撮影

[PR]

 飼っていたインコを虐待したとして、動物愛護法違反の罪に問われた無職の男(34)の初公判が11日、名古屋簡裁で開かれた。男は「確かにその通りです」と起訴内容を認めた。

 起訴状によると、男は6月22日ごろ、名古屋市内の当時の自宅で飼育していたインコに避妊具をかぶせて動けなくした上で、棒を押しつけるなどの虐待行為をしたとしている。7月に愛知県警が同法違反容疑で逮捕、名古屋区検が起訴していた。

 検察側は冒頭陳述で「4月にインコを買ったが、6月には鳴き声に腹を立てて犯行に及んだ」と指摘した。

 虐待の様子は会員制交流サイトに投稿され、複数の愛鳥家が県警に相談して発覚した。その一人の青木敦子弁護士によると、ネット上には男がインコを火であぶったり、翼にホチキスの針を打ち込んだり、水に溺れさせる動画などが投稿されていたという。厳罰を求める動きが広がり、名古屋地検と名古屋簡裁に嘆願書が提出されている。

 インターネットに犬や猫の虐待動画を投稿するなど、悪質な事例が後を絶たないため、今年6月に改正動物愛護法が成立した。今回のような虐待は、現行では「100万円以下の罰金」だが、法改正で「1年以下の懲役」が加わる。【川瀬慎一朗】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  2. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  5. ORICON NEWS 山口真帆、卒業後初TVでマカオ旅を満喫 タイプの男性は「自分に厳しく頑張ってる人」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです