メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インコに避妊具かぶせ虐待 初公判で男、起訴内容認める 名古屋簡裁

名古屋簡易裁判所=名古屋市中区で2019年9月11日午前、川瀬慎一朗撮影

 飼っていたインコを虐待したとして、動物愛護法違反の罪に問われた無職の男(34)の初公判が11日、名古屋簡裁で開かれた。男は「確かにその通りです」と起訴内容を認めた。

 起訴状によると、男は6月22日ごろ、名古屋市内の当時の自宅で飼育していたインコに避妊具をかぶせて動けなくした上で、棒を押しつけるなどの虐待行為をしたとしている。7月に愛知県警が同法違反容疑で逮捕、名古屋区検が起訴していた。

 検察側は冒頭陳述で「4月にインコを買ったが、6月には鳴き声に腹を立てて犯行に及んだ」と指摘した。

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです