メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「死ぬ気がせん」116歳田中カ子さんにケーキ 敬老の日を前に 最高齢ギネス認定

 敬老の日(16日)を前に、福岡市の高島宗一郎市長らが11日、ギネスワールドレコーズ社から「存命中の世界最高齢」に認定されている東区の田中カ子(かね)さん(116)を訪問し、長寿を祝った。毎日しているというオセロをかたどったケーキを贈られた田中さんは、「いただいたものを何でも感謝して食べます」と長寿の秘訣(ひけつ)を語った。

 田中さんは1903(明治36)年、和白村(現福岡市東区)生まれ。100歳を超えるまで米屋を営んだ。103歳の時に大腸がんが見つかったが、手術して克服。現在は東区の有料老人ホームで暮らし、今年3月に世界最高齢に認定された。

この記事は有料記事です。

残り153文字(全文427文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです