メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブームの波に乗れ タピオカ天ぷら発売 鳥取

「タピオカとび魚天ぷら」を手に取る「金田屋かねちく」の金田浩和社長=鳥取県琴浦町で2019年9月3日午後2時54分、阿部絢美撮影

[PR]

「タピオカとび魚天ぷら」=鳥取市で2019年9月5日午後2時3分、阿部絢美撮影

 若い女性らに人気のタピオカを練り込んだトビウオの天ぷらを、鳥取県琴浦町の水産加工会社が開発した。黒いタピオカが埋められたインパクトのある見た目が、話題になっている。

 「金田屋かねちく」の金田浩和社長(51)が、タピオカ飲料を飲んで「モチモチ感が練り物にも合うのでは」と商品化。先月末からSNSなどで拡散され、売り上げは昨夏発売時の10倍になった。

 1袋2枚入り300~350円。刺し身や竹輪に使われ、県民になじみ深いトビウオの練り物だけに、金田社長も「ブームの波にも乗り続けて」。【阿部絢美】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  2. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  5. ORICON NEWS 山口真帆、卒業後初TVでマカオ旅を満喫 タイプの男性は「自分に厳しく頑張ってる人」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです