メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「反省と安全への誓い、若い社員に」福知山線事故現場で安全研修 JR西日本

脱線事故現場のマンション(奥)と通過する電車=兵庫県尼崎市で2019年4月25日午前7時40分、小出洋平撮影

 JR西日本は11日、乗客106人が死亡した2005年の福知山線脱線事故現場の慰霊施設「祈りの杜(もり)」(兵庫県尼崎市)で昨年から実施している社員向け安全研修の内容を報道陣に説明した。事故後に入社した社員が全社員の48%(4月1日現在)を占める中、同社は「反省と安全への誓いを伝えていきたい」としている。

 祈りの杜は昨年9月に完成し、今年8月末までにグループ会社を含め社員ら約7000人が研修に参加した。今後4年以内に残りの対象者約3万5000人に受講させるという。

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  2. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

  3. 餌代ありがとう ヒツジ200頭、感謝を込めて「うし」 千葉・マザー牧場

  4. 全国高校ラグビーの組み合わせ決定 王者・桐蔭学園は茗渓学園と対戦

  5. 「限界。今こそ経済より感染対策を」 崩壊寸前の医療現場 影響は一般患者にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです