メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TBS「クレイジージャーニー」休止 事前準備した生物を現地に放って撮影 「事実を歪めた」と謝罪

TBS放送センター=東京都港区赤坂

 TBSは11日、8月放送のバラエティー番組「クレイジージャーニー」で、学者が海外に生息する珍しい生物を捕獲する企画についてスタッフが事前に生物を準備するなどのやらせがあったと発表した。TBSは「視聴者の皆様や企画の出演者、関係者に深くおわび申し上げる」とし、他にも同様の行為がなかったかの調査が終了するまで番組を休止する方針を明らかにした。

 TBSによると、やらせが分かったのは、8月14日夜のスペシャル番組と同日深夜のレギュラー番組。番組では、爬虫(はちゅう)類ハンターと呼ばれる学者がメキシコで珍しい生物を探す模様を同行取材し放送したが、登場した生物6種類のうち「メキシコサラマンダー」など4種類は、現地の協力者が事前に捕獲したものを放っていた。この企画は同日以前に10回放送され、うち7回の放送に登場した11種類が事前に準備されたもの…

この記事は有料記事です。

残り120文字(全文491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋の飲食店、新たに4人感染 クラスターの可能性、市検査 新型コロナ

  2. 帝国劇場が4公演中止 従業員が新型コロナ感染

  3. GoToトラベル、東京除外 都発着旅行や在住者 国交相、運用見直し表明

  4. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  5. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです