メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜県の小中学校 熱中症の疑いで22人搬送 体育祭の練習中

[PR]

 岐阜県可児市と池田町の小中学校計4校で11日、体育祭・大会の練習をしていた児童・生徒計22人が熱中症の疑いで病院に搬送された。うち2人が検査入院したが、いずれも症状は軽いという。

 池田町草深の町立池田中学校では、午前8時45分~10時20分ごろ、体育祭の練習中に2、3年生13人がけいれんや過呼吸などの体調不良を訴え、病院に搬送された。うち3年生の男子生徒1人が検査入院した。

 可児市の市立広陵中と市立蘇南中、市立旭小の3校では、体育大会の練習中に体調不良を訴えた計9人が病院に搬送された。けいれんの症状が出た蘇南中3年の女子生徒1人が検査入院した。岐阜地方気象台によると、可児市に隣接する多治見市ではこの日、最高気温が全国で最も高い36・4度を記録した。【立松勝、渡辺隆文】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. 維新の大阪・松原市議 本会議欠席して妻と沖縄旅行 体調不良を理由に

  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

  4. 台風通過後、「陸の孤島」となった成田空港に響く歌声 足止めのスロバキア合唱団

  5. 松井・大阪市長「汚染処理水の受け入れ」可能性に言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです