メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

通信障害広がる 停電していない地域にも 基地局へ電力供給途絶え 千葉

 台風15号の通過後も真夏日の中で停電や断水が続く千葉県では、福祉、医療施設を中心に影響が深刻さを増している。強風による送電設備の損傷は大きく、東京電力は11日、同県で約39万戸が停電のままで、全面復旧はずれ込んで13日以降になると発表。住民は「早く元の生活に戻りたい」と、不安といらだちを募らせた。

 停電の影響で、千葉県内を中心に電話やインターネットの通信障害が広がっている。9日未明の台風通過で通信を担う基地局などへの電力供給が途絶え、当初は非常用電源で対応していたが、復旧が進まず非常用電源まで切れてしまうところが出てきたためだ。

 NTT東日本によると、千葉県全体で11日午後2時現在、停電が発生している南房総市や山武市のほか、停…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 菅原経産相の金品配布疑惑 選挙区の有権者複数が「メロンもらった」と証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです