メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文化財切り取り 県外の重要文化財68点も調査対象に 岩手県教委

自治体から預かった文化財を無断で切り取った問題が発覚した岩手県立博物館=盛岡市上田で2019年6月4日、鹿糠亜裕美撮影

 岩手県立博物館(盛岡市)の上席専門学芸員が金属製の文化財を無断で切り取った問題で、県教育委員会は11日、調査対象となる重要文化財が68点増えると発表した。県教委は記録の残る2004~18年度に同館が預かった計5932点について無断切り取りの有無を調査する方針で、このうち重要文化財は県内の76点としていた。今回、北海道と青森、福井両県の68点も同館が預かっていたことが分かった。

 新たに判明した重要文化財は、北海道の目梨泊(めなしどまり)遺跡(奈良~平安時代)の蕨手刀(わらびて…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文476文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです