特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

Together

レスリング「幻の五輪代表」が教え子・園田新に託す夢

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
1980年モスクワ五輪代表の南敏文さん=大津市内で2019年9月3日午前11時9分、倉沢仁志撮影
1980年モスクワ五輪代表の南敏文さん=大津市内で2019年9月3日午前11時9分、倉沢仁志撮影

 カザフスタンの首都ヌルスルタンで14日に開幕するレスリング世界選手権で、教え子の活躍を期待する「幻の五輪代表」がいる。滋賀・日野高レスリング部監督の南敏文さん(62)=大津市。日本が不参加となった1980年モスクワ五輪の代表だ。これまで100人以上の選手を育てたが、いまだに五輪代表は出ていない。定年退職後の再任用期間もあと2年半となり「指導者として迎える五輪は東京が最後」。同校出身で男子グレコローマンスタイル130キロ級に出場する園田新(25)=ALSOK=に夢を託す。【倉沢仁志】

 南さんは徳島県出身。中学時代は相撲部だったが、2歳上の兄の影響もあり、穴吹高(徳島)でレスリングを始めた。卒業後は、日体大に進学。高校時代は無名の存在だったため「人が寝ている間、休んでいる間に、限界の限界まで追い込んだ」。猛練習で実力を伸ばした。

この記事は有料記事です。

残り851文字(全文1219文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集