メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MGC STORY

設楽悠太 双子の兄・啓太への思い胸に駆ける

東京マラソンで16年ぶりに日本記録(当時)を更新し、フィニッシュする設楽悠太=東京都千代田区で2018年2月25日、渡部直樹撮影

 日本新記録(当時)を16年ぶりに樹立した昨年の東京マラソン。設楽悠太はレース終盤、給水所でつかんだボトルの取っ手を右腕に通し、フィニッシュまで駆け抜けた。ボトルには家族からの「ラスト ファイト」というメッセージが書かれていた。「家族が手作りしてくれた。それが一番の力になった」

 設楽悠太は家族思いだ。中でも、「陸上をやってこられたのは、兄貴がいたから」と双子の兄・啓太(日立物流)に感謝する。

 兄弟は顔だけでなく、野菜が苦手、ともに口数が少ないなど共通点は多い。ただ、競技成績は兄の方が常に上だった。大学進学時は「啓太のみで」と勧誘するチームもあったという。

この記事は有料記事です。

残り962文字(全文1242文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  3. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  4. 時の在りか 小池都知事再選を危ぶむ=伊藤智永

  5. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです