メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MGC STORY

優勝候補筆頭の大迫傑 米国拠点のプロランナーは異例のスタイル貫く

福岡国際マラソンで3位でフィニッシュする大迫傑=福岡市の平和台陸上競技場で2017年12月3日、田鍋公也撮影

 日本記録保持者としてMGCに挑む大迫は、米国拠点のプロランナーだ。日本選手は実業団中心だが、己を高めるため、異例のスタイルを貫き、着実に世界トップクラスへ近づいてきた。

 早大から実業団の日清食品グループに入社した大迫だが、1年後の2015年3月末で退社し、23歳でプロに転身した。同社在籍時から拠点とした米国のチーム「ナイキ・オレゴンプロジェクト」での練習に年間を通じて専念するためだった。「会社に残っても生活が保障されるとは思わない。目の前に求める環境があったので悩まなかった。自分が背伸びをしないといけないチームで、挑戦し続けられる環境にいたかった」と振り返る。

 ケニアらアフリカ勢に勝つことを目的とした多国籍チームで、16年リオデジャネイロ五輪男子マラソン銅メダルのゲーレン・ラップ(米国)らが所属する。練習内容自体は特別ではなく、厳しいトレーニングを淡々と当たり前にこなすトップ選手たちの姿勢に刺激を受けた。「このままの自分ではいけない。覚悟が全然足りていなかった」と意欲が一層高まった。

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文944文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 時の在りか 小池都知事再選を危ぶむ=伊藤智永

  3. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  4. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです