メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幕下が面白い

朝青龍のおい豊昇龍が2連勝 復活期す元大関・照ノ富士も2勝目 秋場所4日目

十両経験者の朝弁慶を破り、2勝目を挙げた豊昇龍=東京・両国国技館で2019年9月11日午後2時38分、村社拓信撮影

 大相撲秋場所4日目の11日、モンゴル出身初の横綱となった朝青龍のおいで、東幕下5枚目の豊昇龍(20)が十両経験のある東7枚目の朝弁慶(30)を上手投げで破って2連勝とした。

 朝弁慶は高砂部屋所属で、朝青龍の弟弟子にあたる。体重は約200キロ、神奈川県平塚市出身であることから「湘南の重戦車」とニックネームを付けられたこともある巨漢力士だ。

 「集中した。相手はでかく、一気に押してくると思った」という豊昇龍は、押し込まれながらも右上手をつか…

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文741文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです