メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうの炎鵬

苦手のベテラン松鳳山 反り技連発、場内大歓声も…初黒星

[PR]

 大相撲秋場所4日目の11日、初日から3連勝していた炎鵬が初黒星を喫した。相手は35歳の松鳳山。勝ち越しを阻まれた夏場所千秋楽の初対戦から2連敗しているベテランに「三度目の正直」はならなかった。

 立ち合いから押し込まれた炎鵬は俵伝いに回り込むと、右を差して、相手の懐に潜り込んだ。松鳳山に首をきめられるように上から抱えられ、苦しい体勢に。ここから、前に出て反り技を試みた。相手にこらえられ、再び反り技をかけようとしたが、最後はつぶされるように浴びせ倒しで敗れた。

 炎鵬は「もうちょっと我慢していれば良かったのかもしれない。我慢して、じりじり自分の形に持っていけばよかった」と反省した。「力負けもしていない。スピードもある程度通用した。でも、決め切る力はまだ」と振り返った。

 とはいえ、負けても見せ場を作り、尻餅をつく寸前から反り技に転じようとする粘りには、場内に大歓声が湧き起こった。炎鵬は「また明日、勝てるように頑張ります」と気持ちを切り替えていた。【村社拓信】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  2. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  5. ORICON NEWS 山口真帆、卒業後初TVでマカオ旅を満喫 タイプの男性は「自分に厳しく頑張ってる人」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです