メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MGC イチおし

高久龍 あの日見せた笑みをまた… 自己ベスト大幅更新の勢いに期待

7位でフィニッシュする高久龍=大分市の大分市営陸上競技場で2018年2月4日、矢頭智剛撮影

 高久龍(26)=ヤクルト=を初めて見たのは、私が入社1年目の2009年の全国高校駅伝栃木県予選だった。記者になり、宇都宮支局に配属されて初めてのスポーツ取材だったので、思い入れがある。

 高久は全国大会常連の那須拓陽2年生で、2番目に距離の長い3区を任された。ライバル佐野日大のエース級の3年生に追いかけられたが、無駄のないきれいなフォームで小気味よいピッチを刻み、駆けていた。地味ながら貯金をキープし、2年ぶりの優勝を引き寄せた。

 当時同学年の佐野日大の大谷卓也、那須拓陽の八木沢元樹に比べればトラックの実績で劣り、目立たない存在だった。それでも箱根駅伝で活躍したのは高久だった。東洋大に進学し、3年時に8区で区間賞を獲得。1学年先輩の設楽兄弟とともに、2年ぶりの総合優勝に貢献した。テレビで見て少し驚いたとともに、ひたむきな努力の結果なんだろうと刺激を受けた。

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文812文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです