メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「負けない男」ニール タカ封じ10勝目 ピンチで狙い通り併殺に

ソフトバンク戦に先発した西武・ニール=メットライフドーム

[PR]

○西武4-1ソフトバンク●(11日・メットライフ)

三回裏西武2死満塁、森が右翼線に先制の3点二塁打を放つ。投手・高橋礼、捕手・甲斐=メットライフドーム

 「負けない男」の本領発揮だ。西武はニールが7回1失点で自身9連勝となる10勝目。球団の外国人投手としては2002年の張誌家以来の2桁勝利を挙げ、チームを130試合目にして今季初の首位に導いた。

     持ち味は打者の芯を外す動く球。この日も存分に生かし、ゴロアウトを重ねた。走者を許しても慌てない。「ゴロピッチャーとして打たせたいところにゴロを打たせる自信がある」。六回1死一、二塁では柳田を、七回無死一塁ではグラシアルをそれぞれ狙い通り併殺に打ち取り、雄たけびを上げた。

     米国ではメジャーとマイナーを行ったり来たりだったが、今季から西武に加入し大きく化けた。4月下旬に2軍に落ちたが、そこで腐らなかった。小野投手コーチは「自分からコミュニケーションを取って、日本の文化に順応しようという姿勢があった。日本に骨をうずめようという覚悟を感じる」と話す。

     右腕の“救世主”ばりの活躍がなければ、西武のここまでの快進撃はなかった。12日に勝つか引き分けで初めてマジックが点灯する。辻監督は試合後、勝利の喜びもそこそこに「あしただよね」と気合を入れ直した。逆襲の獅子が一気に駆け上がる。【生野貴紀】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

    2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

    3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

    4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

    5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです