メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「バカになって野球をやろう」工藤監督、激励実らず「明日取り返せばいい」

 とうとう首位から陥落した。ソフトバンクが西武の先発・ニールを攻略できずに完敗。約2カ月半守っていた首位を、最大8・5ゲーム差を付けていた西武に明け渡した。

 2点を追う六回1死一、二塁で打席は柳田。3球目のツーシームを捉え損ね、力のない二ゴロ併殺打となった。「よく(ボールが)動いていた。自分のスイングを崩した」と柳田。大きく曲がり落ちるツーシームとチェンジアップを駆使する右腕に脱帽だった。

 ソフトバンクは五回にデスパイネのソロで1点を返したのみ。立花打撃コーチは、「流れが悪くなる」と柳田の併殺打に先立つ六回無死一塁、牧原の送りバント失敗に言及した。ことごとく打線はつながりを欠いた。

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文535文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  3. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです