メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

スポーツ ラグビーW杯2019 いよいよ20日開幕(その2止)

ラグビーのポジション

[PR]

日本代表のスクラム練習

 <1めんからつづく>

    ボールをうばうFW まえすすめるバックス

     ラグビーはポジションもルールもたくさんあっておぼえられないと大人おとなおおいのですが、おおまかなことをっておくだけでも十分じゅうぶんたのしめます。

     まずはポジション。1チーム15にんたたかいます。まえの8にんがフォワード(FW)で、うしろの7にんがバックスです。

     FWはスクラムをみ、相手あいてとボールをうばうため、体格たいかくのいい選手せんしゅがそろっています。仲間なかまのバックスが相手あいてつかまると、けつけてボールがうばわれないようからだってたすけます。ときにはみずからボールをかかえ、相手あいてまもりをらしながら突進とっしんすることもあります。

     バックスは、FWがれたボールをまえすすめます。といっても、ラグビーではまえへのパスは禁止きんしです。はしりながらななうし方向ほうこうへのパスをつないだり、キックでまえすすめたりします。パスかキックか、みぎすかひだりすかといったとっさの判断力はんだんりょくや、パスやキックの正確せいかくさ、相手あいてのタックルにけないつよさをバックスがそれぞれがっています。


    フォワード

     からだって、ボールをれます。スクラムをみます

    1・3プロップ スクラムを最前列さいぜんれつささえる。くびだけでひとげる力持ちからも

    2フッカー スクラムのリーダー。スクラムであしもとのたまをかき器用きようさも

    4・5ロック 長身ちょうしん空中戦くうちゅうせんのスペシャリスト。スクラムをうしろからむパワーも

    6・7フランカー スクラムからさきすハンター。バックスみのそうりょく

    8ナンバーエイト フォワードに指示しじすリーダー。攻撃こうげき守備しゅびもできるスーパーマン

    バックス

     フォワードがれたボールを、パスやキックなどでまえすすめてトライをねらいます

    9スクラムハーフ つねにボールにからんで、攻撃こうげきのリズムをつくる。小柄こがら機敏きびん選手せんしゅおお

    10スタンドオフ 司令塔しれいとう相手あいてうごきをて、すぐさまパスかキックか、ランを選択せんたくする

    11・14ウイング トライをうばう。相手あいてをかわすタイプ、パワーでるタイプがいる

    12・13センター タックルされてもパスをつよさと正確せいかくさ。守備しゅびでははげしくタックル

    15フルバック まもりでは最後さいごのとりで。むためのロングキックのちから必要ひつよう

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

    2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

    3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

    4. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

    5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです