メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

希少なウンピョウの子ども2頭、米ワシントンの動物園で公開

 米国のスミソニアン国立動物園で10日、希少なウンピョウ(雲豹)の子ども2頭が、新しい飼育施設でお披露目された。画像はビデオから(2019年 ロイター)

[PR]

 [10日 ロイター] - 米国の首都ワシントンのスミソニアン国立動物園で10日、希少なウンピョウ(雲豹)の子ども2頭が、新しい飼育施設でお披露目された。

     ウンピョウは、普通のヒョウやユキヒョウとは別種と考えられている。特に森林での生活に適しており、頭から木を下りてくることが可能。2頭は、施設内にある木を素早く上ったり下りたりしていた。

     東南アジア原産で、ネパールのヒマラヤ山麓から中国までの地域に生息。国際自然保護連合(IUCN)によって絶滅危惧種に指定されている。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

    2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

    3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

    4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

    5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです