メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東洋大快幕!村上12K完封「スミ1」守った 杉本監督「本来の投球」(スポニチ)

[PR]

東都大学野球 1回戦 東洋大1−0立正大(2019年9月10日 神宮第1)

 東都大学野球が開幕し、1回戦3試合が行われた。春王者の東洋大は、右腕・村上頌樹投手(3年)が5安打12奪三振完封と好投し、立正大を1—0で下した。中大は11—4で亜大を、国学院大が9—2で駒大をそれぞれ下して先勝した。

     開幕戦を完封で飾っても、村上は淡々としていた。「昨日から真っすぐが走っていなくてコースがバラバラ。調子が良くなかった」。そんな状態でも無四球12奪三振で、初回の「スミ1」を守り切った。

     今春は6勝0敗とフル回転し、リーグ制覇に導いた。7月には日米大学野球選手権に出場。同じ3年で大学日本代表に選ばれた東海大・山崎伊織のスライダーに驚いた。「“どうやって握っているの”と自分から聞きにいった」。これまでの縦変化に、曲がりの大きいスライダーも習得。この日は新球を駆使し、勝負どころでは直球で押すシーンもあった。自身3度目の2桁奪三振。杉本泰彦監督も「6回くらいから村上本来の投球ができていた」と称えていた。(スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

    2. 中国「独身の日」セール アリババが4兆円を突破

    3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

    4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

    5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです