連載

チェック

毎日新聞デジタルの「チェック」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

チェック

「深夜食堂」中国の胃刺激 政府、日本の人気漫画ヒント 消費活性化へ飲食店街整備

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北京中心部の三里屯地区。深夜まで営業する飲食店が多い「深夜食堂」の集積地の一つだ=北京市内で2019年9月7日夜
北京中心部の三里屯地区。深夜まで営業する飲食店が多い「深夜食堂」の集積地の一つだ=北京市内で2019年9月7日夜

 米国との貿易戦争などで伸び悩む国内の個人消費を刺激しようと、中国政府は8月末、新たな消費促進策を打ち出した。目玉の一つが「深夜食堂」。日本発のヒット漫画にちなみ、24時間や深夜営業の店を増やすことで、夜間にもお金を使ってもらう作戦だ。政府による「夜更かしのススメ」は、成功するのか――。【北京・赤間清広】

 「深夜食堂」は深夜に営業する「めしや」を舞台にした日本の漫画で、テレビドラマや映画にもなった人気作。中国でもドラマ版を中心にヒットし、8月末には中国人キャストによる新作映画も封切られた。最近の日本食ブームも手伝って「深夜食堂」の看板を掲げる料理店も次々と誕生しており、夜間営業の飲食店の代名詞のようになっている。

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1089文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集