メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

ハマのドン 藤木幸夫・横浜港運協会会長、ほえる カジノ誘致に官邸の影

藤木幸夫氏=小川昌宏撮影

 横浜経済界の重鎮「ハマのドン」がほえている。横浜港の荷役会社などを束ねる「横浜港運協会」会長で、安倍晋三政権の中枢とも太いパイプを持つ藤木幸夫氏(89)だ。横浜市がカジノを含む統合型リゾート(IR)を誘致する方針を示したことに対し、「命を張ってでも反対する」と言い放つ。ドンの胸の内を聞きに、潮の香りが漂う初秋のミナト横浜を訪ねた。【宇田川恵】

 固く握りしめていたのは2枚の便箋だった。会長を務める横浜市中区の藤木企業を訪ねると、その日の朝に届いたという手紙について語り始めた。「私がカジノに反対すると言い出してから、こんな手紙をくれる人がいっぱいいるんですよ。今朝、これを読んでね。この声は公にしないといけないな」。瞳の奥が怒りに満ちている。

この記事は有料記事です。

残り2482文字(全文2805文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 関東平野部も大雪の恐れ 「不要不急の外出控えて」 国交省緊急発表

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです