メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 池井戸潤さんのベストセラー「陸王」の舞台、埼玉県行田市は江戸から昭和中期にかけて足袋の生産で栄えた。古い街を歩くと、土や石造りの蔵が目につく。足袋の倉庫「足袋蔵」と呼ばれる。

 足袋の需要が先細る中、小説さながらに、職人の技術と経験を生かしてランニングシューズの生産に参入したメーカーもある。裸足に近い感覚で走ることができるのが商品の特徴だ。

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文894文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  2. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁

  3. こんぴらさん名物「石段かご」26日に終了 担ぎ手高齢化「苦渋の決断」

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. サラリーマン川柳 「我が家では 最強スクラム 妻・娘」 第33回サラリーマン川柳優秀100句を発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです