メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書の世界

「秋を詠った詩歌切」 季節感じる美しさ

 「秋を詠った詩歌切」(10月6日まで、東京国立博物館本館3室)は、秋の訪れを書を通じて感じられる好企画だ。担当した同館の恵美千鶴子さんに解説してもらった。

 伝藤原行成筆「敦忠集切」=写真[1]=は藍と紫の飛び雲をすき、全体に雲母砂子(きらすなご)をまいた料紙に丸みを帯びた文字が連ねられている。墨の濃淡の調子もみどころ。もともとは冊子本で、藤原定家が所持していたために上部に「勅」の書き込みが残されている益田家旧蔵の名品。

 伝藤原佐理筆「古今和歌集巻第四巻首(筋切)」=同[2]=は藍と紫の飛び雲をすき金銀の揉(も)み箔(…

この記事は有料記事です。

残り670文字(全文932文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  5. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです