NPOと劇団コラボ 依存症患者の家族描く 大阪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
劇団「桃園会」の劇作家、橋本健司=畑律江撮影
劇団「桃園会」の劇作家、橋本健司=畑律江撮影

 NPO法人「こころネットKANSAI」と大阪の劇団「桃園会」のコラボレーション作品「わたしは家族」が、13~17日、大阪市中央区東心斎橋のウイングフィールドで上演される。

 こころネットは「こころの健康」をキーワードに、医療・福祉関係者、患者、市民らで構成され、講座や予防啓発活動を行っている。今回「家族をテーマにした演劇作…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文406文字)

あわせて読みたい

注目の特集