メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

光と音と絵のステージ 奥河内音絵巻、第5弾 大阪

「水とじいちゃん」の芸術監督を務めるサキタハヂメ=畑律江撮影

 光と音と絵で地域の物語を描く独創的なステージ「水とじいちゃん―流れるように生きてきた―」が、15日午後3時から、大阪府河内長野市のラブリーホールで上演される。

 2015年から同市文化振興財団が主催している「奥河内音絵巻」で、今年で5回目。芸術監督・作曲・脚本は地元在住のミュージカルソー(のこぎり)奏者、サキ…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文388文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです