メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「長崎の痕(きずあと)」は、東京の写真家、大石芳野さん(75)が1997年から20年以上にわたり長崎に通い、撮り続けた被爆者たちの写真集だ。被爆者ら約130人の肖像などモノクロの写真が収録されている。

 撮影が始まったのは、原爆投下から半世紀以上を経て、被爆者が老いと向き合い始めた時期。笑顔だったり、家族と一緒だったり、日常を捉えた姿は穏やかだが、後遺症と闘った人生や…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです