メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR事業見直し 知事と意見交換 旭川市長ら初 /北海道

JR北海道の事業見直し問題を巡る広域調整会議で、意見を交換する鈴木直道知事と西川将人・旭川市長ら沿線市長=北海道旭川市で

 JR北海道が単独では維持困難とした宗谷、富良野、根室、石北の4区間の沿線5市で構成する広域調整会議が5日、旭川市役所であり、鈴木直道知事と西川将人・旭川市長ら沿線自治体側が初めて意見交換した。路線存続に向け、国による新たな支援制度の創設などを求め、オール北海道として取り組んでいくことを確認した。

 広域調整会議は、JR北が国や自治体の財政支援を前提に存続を目指す宗谷(名寄―稚内)、富良野(富良野―旭川)、根室(滝川―富良野)、石北(新旭川―網走)の各線に関する協議…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文587文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです