メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

来年3月「あたご歴史資料館」閉館へ 運営住民の高齢化、後継不足 前橋空襲など展示品、市が管理 /群馬

資料について解説する学芸員の原田恒弘さん=前橋市住吉町2のあたご歴史資料館で

 前橋空襲などの資料を集めて自治会が運営する「あたご歴史資料館」(前橋市住吉町2)が来年3月に閉館する。運営に携わってきた住民の高齢化と後継者の不在で存続が難しくなったことが原因だ。閉館後の展示資料の管理は市が引き継ぐという。【菊池陽南子】

 同館は2012年11月、民間の歴史資料館として設立。展示資料の大部分は住民の提供で、1945年8月5日の空襲当時の写真など100点以上。前橋空襲を広く知ってもらうため入場料は無料だ。建物は市から無償で借り、運営費は自治会費でまかなってきた。

 しかし、開館当初8人いた語り部も、現在では学芸員の原田恒弘さん(81)を含む2人だけ。館長で住吉町2丁目自治会長の柿沼孝さん(79)を中心に運営を続けてきたが、今年5月から開館を週3回から週1回にし、閉館を検討した。

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文647文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです