メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遊ナビ

ステージ /東京

「眠れる森の美女」の一場面=松山バレエ団提供

[PR]

 ■松山バレエ団「夢の王国」より「眠れる森の美女」よりグランドセレクション “ザ・ジャパン・バレエ21”版

     15日11時半、16時半、新宿文化センター大ホール(新宿区・新宿駅)。出演=森下洋子、松山バレエ団、松山バレエ学校。初演から30年目を迎える松山バレエ団とバレエ学校の生徒と教師が出演し、「眠れる森の美女」を贈る。全席指定2000~6000円。チケット予約は、松山バレエ団公演事務局(03・3408・7939)まで。

     ■劇団ヨロタミ第28回公演「純愛協想曲」

    劇団ヨロタミの練習風景=同劇団提供

     26~30日時間要確認、萬劇場(豊島区・大塚駅)。作・演出=坂本直季▽出演=中澤隆範、勝又保幸、南井貴子ほか。2002年から「大いに笑ってちょっぴり号泣」をモットーに活動する劇団の最新作。自慢の息子が年老いた女性を連れ、父親の元に結婚の報告に帰ってくるハートウオーミングコメディー。全席自由・前売り3500円、当日3700円、22歳以下3000円、小中高生1800円。予約や問い合わせは劇団連絡係(080・5445・4603)まで。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

    2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

    3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

    4. 被災者に配って騒動になったが…実は飲める「賞味期限切れの水」

    5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです