メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カメラ探訪

富山県射水市 新湊のカニ競り ずらり壮観、港に熱気 /北陸

午後1時に昼競りが始まると仲買人が次々と競り落とした=富山県射水市八幡町の新湊漁港で、高良駿輔撮影

 海産物の競りは早朝というイメージがあるが、豊かな漁場が近い新湊漁港(富山県射水市)では、早朝と昼の1日2回行われる。今月2日にベニズワイガニ漁が解禁されたばかりで、仲買人や多くの見学者で漁港は活気にあふれている。【高良駿輔】

 昼競りが始まる30分ほど前にセリ場をのぞくと、水揚げされたばかりのカニを漁師が1杯ずつ丁寧に並べた。その後、仲買人が集まり、真剣なまなざしで整然と並んだカニを見つめた。

 午後1時。競りが開始される合図のブザーが鳴り響く。赤い帽子をかぶったセリ人が拡声機を使って値段を読…

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  2. サッカー、アギーレ元監督に無罪 八百長疑惑で日本代表監督解任

  3. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  4. 「話がしたかった」新幹線車掌、同僚女性をグリーン車に無賃乗車させる JR西、2人を処分

  5. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです