メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

懐かしい水辺の風景 道具や写真80点 15日まで企画展 東近江 /滋賀

(奥から順に)蛇車、竜骨車など、かつて使われていた水をくむ水車類に見入る子供たち=滋賀県東近江市山路町の能登川博物館で、蓮見新也撮影

 鈴鹿山脈から琵琶湖までの水辺の恵みを道具やパネル写真など計約80点で紹介する企画展「東近江 水辺の風景」が、能登川博物館(東近江市山路町)で開かれている。「信仰」「憩い」「暮らし」をテーマに、今では見られなくなった道具や光景を楽しめる。15日まで。無料。

 鈴鹿の清流が下る愛知川には人の手がつけられていない自然が残り、永源寺地区では川に沿ってキャンプ場などが点在。その水が湖東平野に流れて数々のため池を作っている。大沢地区では農林水産省の「ため池百選」にも入った…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文582文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  2. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定 特賞は東京五輪の開会&閉会式ペア券など

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. 女子シングルス・美誠敗れ3冠逃す、ひな初優勝 男子・宇田初優勝 全日本卓球

  5. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです