メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大舞台で文武に活躍 高校総体と総文、上位生徒が県庁へ /和歌山

仁坂吉伸和歌山県知事から記念品を贈られるウエートリフティング2位の駒阪勇気さん(県立紀北工高3年)=県庁で、山成孝治撮影

 今夏に開催された全国高校総体や全国高校総合文化祭(総文)などで上位の成績を収めた生徒たちが11日、和歌山市の県庁を訪ね、仁坂吉伸知事に成果を報告した。

 運動系では、高校総体のウエートリフティング男子81キロ級トータルで2位になった駒阪勇気さん(県立紀北工高3年)やカヌー男子カヤックシングル500メートル2位の冨塚晴之さん(県立田辺工高3年)、ヨット個人女子レーザーラジアル級2位の赤松佑香さん(県立和歌山工高1年)ら21人が訪問した…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文545文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです