メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文学に陰あり

庄野潤三「愛撫」 大山の夜、よるべなき不安 /島根

 作家、庄野潤三の名は、大阪本社の編集局に飛び込んできた訃報に接して初めて知った。2009年9月のこと。翌日の朝刊に載った東京学芸部発の訃報記事の大きさを見て、おのが不明を恥じ、代表作「夕べの雲」(1965年)を読んだ。その驚きは今も鮮明である。

 まだ田舎だった多摩丘陵で暮らす「大浦」とその「細君」、3人の子どもたちの5人家族の日常のスケッチと言っていい。61年に40歳で川崎市の生田に引っ越した庄野が、身辺をモデルに書いた。丘のてっぺんにある家ゆえ、風に飛ばされないように庭に風よけの植物を植えたり、子どもたちの宿題を手伝ったり、ムカデが出て困ったり、地元名産の梨を買って食べるのに夢中の息子を心配したりといったことが、小学生でも読める平明な言葉と文章でつづられる。とぼけたユーモアに、何度も噴き出した。

 夫婦や親子、きょうだいの間の愛情がにじみ出る。だが、もしそれだけならば家族の大切さを教え諭す童話になってしまう。「大浦」は何でもない日常を守る努力をしていて、この底がいつ抜けるかもしれないという不安を抱えている(直接には書かれないが)。為政者が言うウソに大衆が踊って大日本帝国が滅びた記憶が生々しい時代。穏やかな本作にそこはかとない緊張が漂うのは、「大浦」が「絶対平和」の信念を抱いているからだと思…

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文1230文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  4. 「客足さっぱり」「暇です」感染被害の「しょうゆ発祥の町」を歩く 和歌山・湯浅、新型コロナ1週間

  5. 検事長定年延長、法解釈変更文書に日付なし 野党反発「奇妙な珍答弁」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです