メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文学に陰あり

庄野潤三「愛撫」 大山の夜、よるべなき不安 /島根

 作家、庄野潤三の名は、大阪本社の編集局に飛び込んできた訃報に接して初めて知った。2009年9月のこと。翌日の朝刊に載った東京学芸部発の訃報記事の大きさを見て、おのが不明を恥じ、代表作「夕べの雲」(1965年)を読んだ。その驚きは今も鮮明である。

 まだ田舎だった多摩丘陵で暮らす「大浦」とその「細君」、3人の子どもたちの5人家族の日常のスケッチと言っていい。61年に40歳で川崎市の生田に引っ越した庄野が、身辺をモデルに書いた。丘のてっぺんにある家ゆえ、風に飛ばされないように庭に風よけの植物を植えたり、子どもたちの宿題を手伝ったり、ムカデが出て困ったり、地元名産の梨を買って食べるのに夢中の息子を心配したりといったことが、小学生でも読める平明な言葉と文章でつづられる。とぼけたユーモアに、何度も噴き出した。

 夫婦や親子、きょうだいの間の愛情がにじみ出る。だが、もしそれだけならば家族の大切さを教え諭す童話に…

この記事は有料記事です。

残り826文字(全文1230文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  4. 「幸楽苑」150店舗を当面休業 台風19号が福島・郡山の工場に影響

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです