メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨 「楽器で真備を笑顔に」 まきび支援学校に地元企業が贈呈 倉敷 /岡山

生徒にキーボードを手渡す中本屋工務店の瀬本康弘会長(左端)=岡山県倉敷市真備町箭田のまきび支援学校で、戸田紗友莉撮影

 昨年7月の西日本豪雨で甚大な浸水被害を受けた倉敷市真備町地区の中本屋工務店(同市真備町尾崎)と山陰合同銀行(本店・松江市)が11日、今月から改修した校舎で授業を再開した県立倉敷まきび支援学校(倉敷市真備町箭田)にキーボードや太鼓など楽器17点を寄贈した。

 倉敷まきび支援学校は昨年の豪雨で校舎の2階床上まで浸水し、1階音楽室にあった楽器は全て流されてしまったという。

 中本屋工務店も事務所の2階まで浸水。同年7月下旬には業務を再開し、真備町地区の住宅の再建・改修を担…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです