メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農地補償金の4000万円は不当 小竹町議ら25人、住民監査請求 /福岡

 鉱害復旧事業で集約換地した農地に補償金4000万円を支払っているのは不当として、小竹町の河島大紀町議ら住民25人が11日、住民監査請求をした。

 請求によると、農地は約6900平方メートル。町は地権者と、1987年に工業団地隣接地に集約換地する念書を、99年には、この農地を工業団地の高さまで約1メートルかさ上げする確約書を交わした。2014年には、かさ上げの代…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  2. 「最下位」茨城県知事を怒らせた「魅力度ランキング」 本当の使い道

  3. 桜を見る会 首相推薦1000人 昭恵氏分も 自民関係者のものが4割占める

  4. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  5. シャープ旧本社跡地にニトリ出店

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです