メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

菊池武光の偉業伝承 生誕700年、パネル画など50点展示 元脚本家、橋本さん描く /熊本

江頭実・菊池市長に展示品の説明をする橋本さん(右)

 中世の武士団、菊池氏の最盛期を築いた十五代当主、菊池武光(たけみつ)(1319~73年)の偉業を伝える展示会「武光 九州を征した男」が、熊本県菊池市隈府(わいふ)のわいふ一番館で開催されている。史実を元に描いたパネル画など50点で中世に栄えた菊池のまちの息づかいを伝える。【杉山恵一】

 菊池市は、2016年の熊本地震以後、菊池一族による町おこしを進めている。南北朝時代の大合戦、筑後川の戦い(1359年)を制した武将として知られる菊池武光の生誕700年にあたる今年は、同展をはじめとした催しが計画されて…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文630文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 28年ぶり クロネコとシロネコを一新 ヤマトHD100周年で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです