メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「番付」というと相撲だが…

[PR]

 「番付」というと相撲だが、江戸時代の「顔見世(かおみせ)番付」と呼ばれる役者の番付はそれより歴史が古いという。役者と芝居小屋が1年契約だった当時、毎年がらりと入れ替わる一座の顔ぶれを記して売られたのだ▲「霜月に来年中の顔を見せ」。江戸三座が新しい役者の顔ぶれによる顔見世興行を行う毎年11月初めは「芝居正月」と呼ばれた。小屋のある町は華やかな催しで前夜から大変なにぎわいを見せた。「顔見世やこの二(に)丁(ちょう)町(まち)明けの春」だ▲向こう1年の客の入りは一座の陣容次第である。歌舞伎が江戸時代に長く人気を保てたのはこの定期的な役者の入れ替えのおかげといわれる。こう話を進めれば、内閣を改造して政権浮揚を図る今日の政治を思い浮かべる方もいよう▲結婚でワイドショーをにぎわせた小泉進次郎(こいずみ・しんじろう)氏の入閣も顔見世興行の大入りを期してか。安倍晋三(あべ・しんぞう)首相との関係は微妙とされていただけにサプライズ起用には臆測(おくそく)も飛び交う。どうあれ世の話題となる役者は座元にとって良い役者だ▲だが花形役者に奪われた目を顔見世番付、いや閣僚リストに向ければこちらもびっくりだ。かねて首相側近といわれてきた保守色の強い政治家が勢ぞろいである。もしや若手サプライズ起用も、側近厚遇という座組みの目くらましか▲昔の歌舞伎で「世界定(せかいさだ)め」とは、新たな一座の演目の時代背景や人物を決める相談をいう。「仕上げ」の時期に入るといわれる安倍政権だが、座元とお客の思い描く「世界」のギャップが気になってくる。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

    2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

    3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

    4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

    5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです