メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

内閣改造 後継争いで板挟み 首相、苦肉の「安定」

 「安定と挑戦」を掲げた安倍晋三首相(自民党総裁)が行った内閣改造・党役員人事では、小泉進次郎環境相ら「ポスト安倍」候補者が居並ぶ陣容となった。ただ、内実を見れば、二階俊博幹事長や岸田文雄政調会長の幹事長ポストを巡るせめぎ合いなど主要派閥や側近らのはざまに立った首相が「安定」維持に苦心した形跡がにじむ。

この記事は有料記事です。

残り2782文字(全文2934文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. ORICON NEWS 吉川ひなの、第3子妊娠を報告「5人家族になることになりました!」

  5. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです