メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

新聞にも「旗下結集効果」?=谷口尚子・慶応大大学院准教授

谷口尚子・慶応大大学院准教授

 日本による韓国の「輸出優遇国」除外、そして韓国による日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄の決定は、最近の日韓の緊張関係を象徴する出来事だった。

 前者が閣議決定された翌日(8月3日)朝刊で、朝日新聞社説は「両国関係に決定的な傷痕を残す恐れがある一連の輸出管理を、日本は考え直し、撤回すべきだ」と書き、毎日新聞社説は「日韓両政府が大局的観点から歩み寄る」べきだと説いた。これに対し、読売新聞社説は「韓国はなぜ現実に向き合わぬ」と韓国側の問題を指摘し、産経新聞社説は「『甘え』絶つ妥当な判断だ」と日本政府を支持した。

 一方、後者の翌日(24日)朝刊で、産経新聞社説は「日米韓の結束に亀裂を生じさせた」、読売新聞社説は…

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文831文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 「消費増税ストップ!」 導入反対デモに600人 野党増税反対で一致

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです