メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

9.11から18年、苦しみ今も 消防士や警察官、粉じんで健康被害 がん1万人

 約3000人が犠牲になった2001年の米同時多発テロから11日で18年を迎えた。ニューヨークの世界貿易センタービルの崩壊現場で活動した消防士らは、今も粉じんなどによる健康被害を訴えている。時間が過ぎてから発症する人は多く、「9・11」による苦しみは続く。

 健康被害者を支援する「世界貿易センター・ヘルスプログラム」などによると、救出活動や復旧活動に関わった消防士や警察官らは約7万6000人が登録。約4万人が健康被害を訴え、このうち約1万人はがんの診断を受けている。支援のため11年から基金が始まったが、来年末に解散が予定されていたため請求が倍増。一時は約73億ドルの資金が底を突きかけ、支給額が7割減となる可能性が明らかになった。

 「彼らは勇敢に謙虚に自分たちの仕事をした。あれから18年。(議員は)自分たちの仕事をしろ」。被害者…

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文871文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです