メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生保不正販売 かんぽ検査、数カ月か 経営責任など焦点 金融庁

 かんぽ生命保険の不正販売問題を巡り、金融庁は11日、かんぽ生命と、全国の郵便局で販売を担う日本郵便に対し、保険業法に基づく立ち入り検査を始めた。悪質と判断した場合は行政処分に踏み切る。検査は数カ月に及ぶ見通しで、年内をめどに結論を出す方針。【古屋敷尚子】

 麻生太郎金融担当相は11日の会見で「信頼関係の態勢を立て直すのが一番だ」と指摘。契約者の信頼回復を最優先すべきだとの考えを強調した。かんぽ生命も同日「金融庁の検査に対して真摯(しんし)に対応し、一日でも早い信頼回復に努めたい」とのコメントを発表した。

 かんぽ生命と日本郵便は、保険料の二重徴収など顧客に不利益を与えた可能性がある約18万3000件を「…

この記事は有料記事です。

残り1258文字(全文1562文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 池袋ホテル殺人 容疑者、SNSで自殺志願者募る

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです