メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「司法ねじれ」解消焦点 諫早開門、あす最高裁判決 異議訴訟

 長崎県の国営諫早湾干拓事業を巡り、潮受け堤防排水門の開門を命じた確定判決の無効化を国が求めた請求異議訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は13日、判決を言い渡す。長く続く法廷闘争で、最高裁が判決を言い渡すのは初めて。ねじれた判断の解決に向けた道筋が示されるかどうかが焦点となっている。【服部陽】

 一連の訴訟では、開門調査を求める漁業者と、反対する営農者がそれぞれ国を相手に提訴。これまでに「開門…

この記事は有料記事です。

残り1406文字(全文1611文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです