メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

ご飯ですよ 埼玉県北本市・石井絹枝(無職・80歳)

 「ご飯ですよ」と呼ばれて食事をしていた夫がだんだん食欲をなくし、元気もなくなってきました。体を動かさないせいだと思った私は「明日から食事の支度を交代でしましょう」と提案しました。朝食と夕食が私なら昼食は夫、翌日の朝夕は夫で昼は私、というふうに1食ごとに交代で食卓を整え、後片付けまでするのです。

 初めは時間がかかっていましたが、今ではレシピを見て、肉か魚を主菜にし、副菜は夫が育てている野菜などを使っておいしく作ってくれます。自分だけが「作る人」となると…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文572文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 再思三省 第78回 ラグビーW杯始まります

  3. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです