メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

点字の周りで

視覚障害の世界 日本ライトハウス展 目が見えない、見えにくい人に便利グッズを紹介

2017年の「日本ライトハウス展」で音声案内付きの家電製品の説明を聞く来場者(右)=大阪市中央区で、澤田健撮影

 目が見えない、見えにくい人を対象にした展示会が各地で開かれているのをご存じでしょうか。最新IT機器や音声ガイド付きの家電、生活に便利なグッズを手にしたり体験したりできるのが魅力です。話題のテーマを取り上げた講演会も人気です。

 10月19、20両日には、西日本で最大という「日本ライトハウス展~全国ロービジョンフェア2019」が大阪市中央区の難波御堂筋ホールで開かれます。今年は、初出展2社を含む46社・団体が出展を予定しています。20年近く企画に携わる日本ライトハウス情報文化センター(大阪市西区)サービス部長…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文640文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです