メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球 西武4-1ソフトバンク レオついに首位 タカ封じニール10勝

 西武が今季初めて首位に浮上。三回、森が決勝の3点二塁打を放った。先発・ニールは7回1失点。自身9連勝で10勝目を挙げた。増田が通算100セーブ目。ソフトバンクは打線がつながりを欠き、6月25日以降守っていた首位から陥落。

タカ、大一番で陥落

 とうとう首位から陥落した。ソフトバンクが西武の先発・ニールを攻略できずに完敗。約2カ月半守っていた首位を、最大8・5ゲーム差を付けていた西武に明け渡した。

 2点を追う六回1死一、二塁で打席は柳田。3球目のツーシームを捉え損ね、力のない二ゴロ併殺打となった…

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文748文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 再思三省 第78回 ラグビーW杯始まります

  3. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです